サラサラの髪型にしたいならヘアエステの技術が高い池田ヘアサロン

トップ住まいにはいろいろな形があります。アパート、賃貸、分譲マンション、建売住宅、注文住宅などです。それぞれにはメリットとデメリットがあり、住む人の家族構成や職業などライフスタイルをあわせて選ぶことになります。


間取りやプライバシー、ガレージや庭にこだわるのなら注文住宅が一番ですが、これは一番手間がかかり、費用も他とは比べ物になりません。反対に賃貸住宅では理想ぴったりの間取りは難しくても、都心に近く交通の便のよい場所に住むことができ、住み替えも気軽にできます。

どんな家に住むかを考えるには、まず自分の暮らしのテーマを思い浮かべることから始めましょう。例えば、「大家族で大きなテーブルを囲んで食事をする家に住みたい」「パーティーが好きなので、広いキッチンとリビングがほしい」「バイクが趣味なので、いつでも手入れや修理のできるガレージがほしい」などです。これからの20年、30年のライフステージも予想して、住まいにこだわるのであれば、やっぱり一番のお勧めは注文住宅です。


しかし、経済状況や転勤を伴う職業の事情などもあり、最近はわざと持ち家をせずに、賃貸住宅で暮らす家族も増えてきました。賃貸住宅を扱う不動産会社なども、顧客の新しいニーズに応えるため、新築やリフォームをした賃貸住宅の売り出しをしています。最初からインターネットやケーブルテレビが設置されている便利な部屋などもあり、住宅の選択の幅はとても広くなっているのです。