賃貸への引っ越し時の初期費用

ホームへ戻る >  賃貸住宅とこだわり  > 賃貸への引っ越し時の初期費用

賃貸への引っ越し時の初期費用賃貸物件に移り住むときには、いろいろな初期費用がかかります。利用する不動産会社やその賃貸物件によって価格が違うこともありますが、一般的には大体同じくらいの費用がかかると思っていいでしょう。賃貸に引っ越しをするとき、必ずかかるのが「敷金」「礼金」「仲介手数料」です。


敷金とは、賃貸契約をするとき入居者が家主に預けておくお金です。入居した人が家賃を滞納してしまったり、退去時に部屋に傷などが残って修繕費用がかかる場合に、ここから金額を差し引かれます。大体家賃の2か月分が相場になっています。礼金は、賃貸契約時に入居者が家主に払うお礼のお金とされています。これも家賃の2か月分が相場ですが、最近ではゼロにしてくれる物件も多くあるようです。仲介手数料は、その賃貸物件を紹介してくれた会社に対して支払うものです。だいたい家賃の1か月分くらいです。

さらに、最初の入居時には、前家賃として1か月分を先に支払います。つまり、入居前には最大で家賃×6(敷金2、礼金2、仲介料1、前家賃1)の金額がかかることもあるわけです。このほか、入居前に火災保険料(2年ごとに更新、1万円前後)や、鍵の交換代(5000~30000円程度)が別途請求されることもあります。これに、さらに引っ越し業者に依頼をする場合はその費用もかかります。


お気に入りの物件を見つけたら、まず初期費用としていくらかかるか、きちんと確認をしておくとよいでしょう。