一戸建てに住むメリット

ホームへ戻る >  賃貸住宅とこだわり  > 一戸建てに住むメリット

自分の家を持とうと決めたときに、選択肢は二つ。マンションにするのか一戸建てにするのかという選択です。マンションにも沢山のメリットがありますが、ここでは戸建てに住むメリットを取り上げて考えて見ましょう。


まず立地のメリットですが、マンションは基本的に都市部では駅前に作る場合が多くなっています。駅に近い分便利ですが、子供たちを育てていく上ではあまり好ましい環境ではないかもしれません。それに引き換え、一戸建てであれば郊外ののんびりした場所に家を建てることができます。子供たちをのびのび育てるにはうってつけの環境になるでしょう。

また日本のほとんどの場所において車は生活必需品です。よほどの都心部でない限り、公共交通機関だけで生活するのは無理があります。マンションだと、駐車場までの距離が長くなったり、立体駐車場の面倒な出し入れを毎回しなければなりません。平面駐車場を借りようと思うと、マンションローンに加えて数万円払わなければなりません。一方、一戸建てであれば、ガレージを自分の家の前に作れますからストレス知らず。雨が降っていたり、大きな荷物を抱えていても平気です。


さらに戸建ては採光、風通しなどの面でもメリットがあります。マンションは窓を設置できる面が限られてしまうため、日中でも電気をつけないと生活できない場合があります。一方、一戸建ては窓をどこにでも設置できるので、採光、通風の点でマンションに勝っているのです。