分譲か注文住宅か

ホームへ戻る >  一戸建てに住むデメリット  > 分譲か注文住宅か

一戸建ての家を購入しようと決めたら、次に考えなければならないのは分譲物件を購入するのか、注文住宅を建てるのかという問題です。分譲、注文住宅双方にメリットとデメリットがありますので、ここでまとめておきましょう。


まず分譲の一戸建て住宅のメリットから見てみましょう。分譲の場合、デベロッパーが土地ごと開発しますので、土地も一緒に購入することが出来ます。わざわざ土地を探さなくて住みますし、インフラ整備も楽です。さらに、分譲の場合はキッチンなどの水周りをまとめて購入するため、注文住宅よりも安く家を購入することが出来ます。自分の好みの間取りに出来ないという不満もあるようですが、その分プロの設計士が間取りを考えているので住みやすいことは間違いありません。資金計画も立てやすく、最近はオプションの形で好みのデザインを取り入れることもできるようになってきています。

注文住宅にももちろんメリットがあります。一番大きなメリットは自分の好みに家をデザインできる点でしょう。個性を反映したまさに一棟だけの一戸建てを作ることができます。また、建設中も現場を見ることができますから、工程を把握できるという点でも安心感があります。一方で、分譲一戸建てのようなスケールメリットがないので、どうしても価格は上がりがちになります。別途土地を買いますので、仲介手数料、造成費用などがかかってくることもあります。


分譲、注文とどちらで一戸建てを作るにしても、自分の予算と好みに合わせて選択する必要がありそうです。