デーモンシステムについて

ホームへ戻る >  一戸建てに住むデメリット  > デーモンシステムについて

現在もっとも最新の噛み合わせ治療として注目を集めているのがデーモンシステムです。これは1996年にアメリカで開発された矯正方法で、特殊な器具を使用して歯列の矯正を目指す方法です。


最大の特徴は四角いスロットにワイヤーを通すだけであるという点。そのため柔軟な動きが可能となっています。従来のブラケットにワイヤーを装着する方法だとかなり近い力での固定が必要となっており、矯正する際に痛みが伴う場合があります。より弱い力で従来の治療方法と同等の効果を得ることができるのです。過剰な負荷をかけることなく効率よく歯を動かす点が最大のメリットといえるでしょう。

また、柔軟な動きは歯磨きを容易にする効果もあり、より衛生的な環境を維持することができます。それでいながら治療にかかる期間を短縮することができるため、通院の負担のほか、治療中の精神的な負担も大幅に軽減することができます。


これまでの治療方法では抜歯しか選択肢がなかった重度の症状でもこの治療で矯正することができるケースが多く、抜歯のリスクを最小限に抑えることができる点も魅力的です。


最新の治療である分、費用がやや高くなるという点と取り扱っている歯科医院が限られているというデメリットもありますが、それを補う魅力を備えた治療法として注目されています。


噛み合わせを矯正したいけれども、さまざまな負担がネックになって治療を受けられずにいるという人も多いでしょう。そんな人は最新の噛み合わせ治療法であるこのデーモンシステムを検討してみてはいかがでしょうか。