矯正歯科でかみ合わせを治療

ホームへ戻る >  一戸建てに住むデメリット  > 矯正歯科でかみ合わせを治療

矯正歯科で矯正して、かみ合わせを治療することができます。矯正歯科を受診する人の割合の中で、かみ合わせに悩んで受診する人は少ないです。多くは上顎前突など、見た目のバランスの悪さを改善させる目的で来院します。「歯並びを良くしたい」と訴える患者は多いですが、「かみ合わせを良くしたい」と訴える患者は少ないです。しかし、かみ合わせというのは、健康な生活を送るために、とても大切なことです。かみ合わせが悪く、食べ物をきちんと噛むことができないと、食べ物をうまく消化できなくなります。あごの神経に刺激が伝わらないので、細胞が活性化されずに、老けて見えてしまったりします。長い目で見て、見た目の美しさを良くするという意味でも、かみ合わせの改善は大切なのです。

矯正歯科で治療の対象となるかみ合わせの悪さには、開咬があります。前歯の上下の歯の間に隙間が空いてしまっている状態です。奥歯で噛んでも、前歯が噛めない状態です。前歯でものをかみ切ることができなくなります。成長期の開咬を治療しないでいると、骨格性の開咬に進行してしまうので注意が必要です。指しゃぶりなどが原因で、開咬になっている場合も多いので、成長期の段階に、口元の癖を無くすことで、正常なかみ合わせを取り戻せる場合もあります。 


前歯はもちろん、奥歯も上の歯が下の歯にかぶさっているのが正常な状態です。奥歯のかみ合わせがずれて曲がっていると、顔の曲りやあご関節の負担を引き起こしてしまいます。