矯正歯科でクリアブラケット

ホームへ戻る >  一戸建てに住むデメリット  > 矯正歯科でクリアブラケット

矯正歯科で使用されるブラケットは、見た目にも目立つことが多く、敬遠されがちでした。特に、成人してから矯正歯科で治療を受ける場合、目立ちやすい金属製のブラケットは敬遠されるものです。そのような希望にこたえるべく、登場したのがクリアブラケットです。 


現在、矯正歯科では、マルチブラケット法により矯正治療が行われています。ブラケットという装置を、動かしたい歯の表面に装着し、ワイヤーを通して歯列を矯正します。このブラケットは、従来なら金属製のものしかありませんでしたが、クリアな素材のクリアブラケットを利用することにより、格段に目立ちにくくなります。

クリアブラケットには、いくつかの種類があります。ブラケットと新開発の「クリアスナップ」を併用すると、より目立ちにくくなります。固定するためのワイヤーの種類を希望に応じて選ぶことができます。レギュラーワイヤーは、シルバー色の通常のワイヤーです。これを、ピーチゴールドワイヤーに変更すると、お口の中の色と調和するので、目立ちにくくなります。レモンゴールドワイヤーにすると、お口の中全体が、明るくなります。屋外で目立ちにくくなるので、学校やオフィスで、周りの目を気にしなくても良くなります。 


クリアブラケットは、審美的な面だけではなく、機能面でも通常の場合よりも優れています。ブラケットとワイヤー間の摩擦が軽減されているので、歯が移動しやすく、治療期間が短くなります。スーパーライトフォース・テクノロジーを採用し、歯の移動に伴う痛みが軽減されました。