矯正歯科の治療(デーモンシステム)

ホームへ戻る >  子供の歯の矯正期間  > 矯正歯科の治療(デーモンシステム)

近年、アメリカで開発されたデーモンシステムは、それまでの矯正歯科での治療概念を覆すような画期的な方法です。矯正歯科での矯正治療は、時間がかかるとか、歯を抜かなければいけないとか、装置が目立つ、あるいは痛いというマイナスのイメージがありました。しかしデーモンシステムにより治療すれば、これらのマイナス面をすべて克服できます。デーモンシステムは、装置の摩擦抵抗を極限まで小さくすることができるので、無理なく、スピーディに治療できるのです。 


デーモンシステムなら、ブラケットとチューブとの摩擦が、従来の100分の1に軽減されます。弱い力で、効率的に移動させられます。審美性にも優れています。透明なプラスチック、高品質のステンレス・スチールで作られているので目立ちにくいです。装置も小さめに作られています。

スライドメカニズムを採用しているので、従来の装置のように、ワイヤーでしばりつける必要がありません。扉を開け閉めするだけの構造でできています。ワイヤー交換も短時間で済みます。ブラッシングがしやすいので、衛生面でも優れています。従来の矯正装置に比べると、つくりがなめらかなので、食べ物が挟まりにくく、ブラッシングしやすいです。通常の装置に付着しているワイヤーをしばりつける細い針金(結紮・けっさつ)や、ゴムも必要ありません。結紮を必要とする従来のブラケットは、歯を動かしたときに違和感があります。デーモンシステムは、ブラケットをワイヤーで固定せず、挟み込んでいるだけなので、歯の動きに合わせで自由に動くので治療のストレスが軽減されます。