矯正中のさまざまな問題

ホームへ戻る >  子供の歯の矯正期間  > 矯正中のさまざまな問題

歯列矯正のほとんどは、外科手術を行わずにブラケットやワイヤーなどといった器具を使用して歯を少しずつ移動させ、歯並びを整えていくものです。このため、治療期間が数年に渡ることもあり、費用はもちろんのこと、忍耐心が重要になってきます。また、管楽器などを演奏する人は口腔内に付けた装置が邪魔になってなかなか思うように音が出ないといったトラブルに遭遇することもあります。口コミサイトなどを見ると、これらのトラブルを解消する工夫などについてのコメントが見つかることもありますので、ぜひ参考にするといいでしょう。

口コミサイトにはさまざまな役立つ情報が盛りだくさんですが、治療に疲れたとき、歯が痛くてゆううつな気分のときなどに参照すれば、同じ悩みを持つ人がたくさんいることがわかり、勇気づけられることもあると思います。また、自分の治療の進行程度が普通なのか、それとも人と比べるとゆっくりめなのかなども、口コミサイトを見ればわかりやすいと思います。


歯列矯正の治療と妊娠がぶつかってしまう人もけっこういるようですが、大きな問題はありませんので心配はいりません。ただし、妊娠によるホルモンバランスの変化が原因で歯肉炎などにかかりやすくなりますので、歯磨きには特に気をつける必要があります。マウスウォッシュなども積極的に利用したいものです。普通は、出産のときには治療を休止して、体調が回復するのを待ってから矯正治療を再開します。