矯正中の調整

ホームへ戻る >  子供の歯の矯正期間  > 矯正中の調整

胃腸の調子が慢性的に悪いけれど、何回検査してもらっても異常が見つからないという人は結構いるものです。こんな人は、かみ合わせが悪いために胃腸に負担をかけていることがありますから、一度歯科医の診察を受けてみることをおすすめします。歯列矯正というのは歯並びを美しくするものと考えている人がほとんどですが、矯正にはかみ合わせをよくして消化器官のトラブルを解消する働きもあります。治療費はかなりかさみますが、やっただけの効果は必ずあるものです。


治療のためにはブラケットやワイヤーという装置を口腔内に取り付ける必要がありますので、慣れるまでは食事や歯磨きタイムになかなか苦労しそうです。口コミサイトなどを見ると、歯磨きのコツや食べやすい食べ物、避けたい食べ物などについて具体的な体験談が出てきますので、大いに参考にするといいと思います。口コミサイトで評判のいいクリニックを探すことも可能です。

矯正治療は数年間に及ぶことが普通ですが、この間、月に1度程度は調整のために歯科医に通う必要があります。口コミなどを見ていると、この調整の後の数日は歯が痛むという人がかなりいるようですが、食べるものを工夫するなどして切り抜ける必要があります。たとえば豆腐や卵豆腐、うどん、スープ、ヨーグルト、柔らかく茹でた温野菜、おかゆなどは歯茎にも負担をかけず、ワイヤーに絡まることもないのでぴったりです。ストローを使うのもいいアイデアです。