歯の矯正治療が必要な症例

ホームへ戻る >  子供の歯の矯正期間  > 歯の矯正治療が必要な症例

歯の矯正治療が必要になる症例として、まず考えられるのが不正咬合についてです。不正咬合は噛み合わせが上手くいかない症状を指しますが、その原因は様々です。たとえば、上顎が前に突き出してしまうことで噛み合わせが悪くなる、上顎前突。その反対に下顎が突き出してしまう、受け口などとも呼ばれる下顎前突があります。この上下顎前突の症例は、子供のうちに発見されて矯正治療を受けるのがほとんどです。他にも乱杭歯のように、とにかく並び方に問題があるケースなども、小さなうちに治してしまうということが多いのです。

また、前述の不正咬合のなかでも特殊なケースがいくつかあります。切端咬合などのような場合だと、前歯部分の先端がぶつかるような噛み合わせのために、負荷がかかりやすく欠けやすくなったり、磨耗しやすくなるといったことが考えられます。他にも交叉咬合や鋏状咬合などと呼ばれる不正咬合もあります。口の中で噛み合わせの位置が交叉していたり、奥のほうでずれていたりする症例です。こういったケースでも、噛む力が弱くなったりしてしまうので注意が必要なのです。


開咬と呼ばれる不正咬合も、矯正治療が必要な症例の1つです。このケースは、奥ではきちんと噛み合わせができるのに、前歯の部分に隙間があいてしまう症状のことを指します。オープンバイトなどとも呼ばれる症例ですが、遺伝的なものや、指しゃぶりや舌の動かし方の癖などから生じてしまうと考えられている不正咬合なのです。